不思議な体験Part.3 瞑想の力|試験中 時が止まったような感覚に

不思議な体験Part.3 瞑想の力|試験中 時が止まったような感覚にmain

前回は、英語の試験中に起きた不思議な体験を取り上げましたが、今回も引き続き試験中、礒の身に起こった不思議な体験についてご紹介していきます。

肝心な時に失敗…すべてが終わった。

英語の試験を終えて国語の試験が始まった頃、礒は疲れが出始めたのか、ウトウトとしたまま現代文を読んでいました。それも問題として文章を読んでいたわけではなく、普通に読み物として読み込んしまっていたそうです。

心地よい眠気があったこともあり、ふと気がつくと試験の残り時間は15分。
その時点で現代文は解き終えていたものの、古文と漢文が残っており、どう見積もっても30分以上かかるような問題量でした。礒は時間配分を決定的に間違えてしまったのです。

その瞬間、全てが終わったと感じたそうです。

「浪人までして目指した上智大学外国語学部・英語学科。得意の英語はよくできたという感触があったものの、国語の試験でこんな失態をしては、流石に倍率が7~8倍の受験を突破することは難しいだろう。ここまで頑張ったのに、肝心なときに失敗をしてしまい、残念だ。もったいない」

礒はそう思いながら、諦めのため息と共にペンを机に置きました。

人生で最高の15分を体験

不思議な体験Part.3 瞑想の力|試験中 時が止まったような感覚にsub

そのとき礒は、身体中に電撃が走るのを感じたそうです。正確にいえば、ペンが机に触れるか触れないかの瞬間に。

そしてその瞬間から、問題文は斜め読みで、ページをペラペラと捲りながら、まるで全てをスキャンするように内容を把握し、答えを書いていきました。身体が自動的に動いているような、そんな感覚さえもあったそうです。

試験終了までのわずか15分という短い時間は、これまでの人生の中で、礒にとって最も密度が濃く感じられた時間であり、時が止まったような感覚さえも味わうことができたそうです。
結果、礒は奇跡的に15分で残った全ての問題に答えることができました。

あのとき以降、あそこまで時間を濃密に感じた経験はなく、人生で最高の15分だったといえるかもしれないと礒は今でも語っています。
そしてこのような心の状態に、受験という重要な場面で到達できたのは、断食リトリートを経て、毎朝必ず瞑想から1日をスタートしたからこその結果といえるでしょう。

まとめ

ペンを置こうとした瞬間に電撃が走ったとき、礒は自分自身でなにかを思い直したというよりも、ふと誰かから「それでいいのかい」と魂に囁かれたような感覚があったと語っています。

これをスピリチュアルな観点から解説すると、ガイド(守護霊)が触れたためだと考えられます。そしてこれは、日常的に瞑想を行うことで、試験中も常に深い集中状態にあったからこそ起こり得たことです。

今こうして、礒はスピリチュアルでビジネスを行う道を歩いているわけですが、これらは全て、浪人時代に行った断食リトリートから始まったといっても過言ではありません。

そして瞑想を取り入れたその翌年に、その効果を最大限に感じられる出来事が起きたことは、礒の人生において大きな影響を与えるものだったはずです。

礒 一明 自己紹介

大勢の人生を変えてきた、スピリチュアルライフコーチ 礒 一明のプロフィール動画です。

スピリチュアル系メルマガ読者数日本一(6万人)のメルマガ、【人生最適化®のヒント】発行者。
人生の全ての出来事にはその人が一番幸せになる為のスピリチュアルな答えが隠されている、という考えのもと、全ての人に【最適な】人生を見つける人生最適化®のコンセプトを世界中の人に広めるミッションを日米で展開中。

メールマガジン登録受付中