人はなぜ病気のなるのか。感染症が増えている理由とスピリチュアル的にみた意味

こちらの投稿は「スピリチュアルな人生相談」として、礒が視聴者やメルマガ読者からの質問に、YouTubeで音声にて答えたものを文字起こししたものです。そのままの表現で掲載しているため、全て口語調になっております。あらかじめご了承下さい。

今年も感染症が流行っていますが、人はなぜ病気になるのか、ということに関してスピリチュアルな視点での解説や意味を知りたい方は多いと思います。ということで、今回はこのようなご質問をいただきました。

感染症の増加とスピリチュアルの関係

感染症が増えているスピリチュアル的な理由を教えて下さい

今年の冬も、各種感染症が流行しているとニュースになっていました。感染症の流行も実はスピリチュアルな背景があるのでしょうか?

年々感染者数は増えているらしいのですが、人口が増えたから母数も増えているということなのか、人類の免疫力が低下しているのか、スピリチュアル的に見ると、なぜ全体的に免疫力が低下するのか、などを知ることができればと思っています。

 

この答えは2つあるのですが、どちらもとてもシンプルな答えです。

まず、ネット社会である現代は、日々ストレスが溜まりやすいと言えます。そうした中で、免疫力は低下し、そこから感染症になるというメカニズムが働いていると考えられるでしょう。

20年前、私が会社で働き始めた頃はスマホやコンピューターすらありませんでした。例えば休暇で出かけても、コンピューターやスマホを持っていないわけですから、誰も私を見つけることができないんですよ。本当の休暇が取れていたんですね。

そのときに比べるとコンピューターもスマホもとっても便利ではあるんですが、いつでも誰かがあなたを見つけることが出来ますよね。

スマホの電磁波による健康被害

そして、こうした電子機器による電磁波の影響は、実は想像以上に大きいと言われています。ですので、もしスマホを直接耳にくっつけてお話している方がいたら、イヤフォンを使ってできるだけ脳から離して使用することをおすすめします。

また、目覚まし時計としてスマホを利用する方が多くてびっくりしているのですが、これも寝ている間に電磁波がずっと脳に届きっ放しな環境なので、よろしくはないです。

寝る部屋というのは、電気関係のものができるだけ少ないほうが良いんです。コンセントからも離れた方が良いくらいですので、そういう意味では、便利になった世の中はその分、電磁波を含むエネルギー的な影響が大きく、免疫が下がる要素は揃っていると言えます。

これが一つ目の答えです。

感染症を増やす悪のグループ

もう一つは、知らない方はちょっと驚かれるかもしれませんが、感染症を増やしたいと思っているグループが、実は世の中には存在しているということです。

全ての映画に正義の味方と悪の味方がいるように、この世界にも神様はコントラストをつくって、世の中を良くしようとする方と、自分たちのコントロールが効くよう悪くしようとする方、その両方が存在しています。

感染症が流行ることで、例えばアメリカの医療システム、あるいは製薬業界にとっては、ものすごく大きな権益が動くことになるんですよね。

実際に私が読んだ記事の中でも、本来は厳重に取り締まられるはずの感染関係の施設から、菌が誤って外に出てしまったことが、世の中で感染症が増えている原因である、という記事が結構出てくるんですね。

これが2つ目の答えです。

まとめ

正義による善や愛に生きる方と、その逆で生きる方、この二極化が進んで、人類は両極端に分かれてしまっています。そしてその一環として、感染症が増えているといえます。

天変地異が続き感染症が増えると、それに恐れおののいて生きる方と、それでも愛を信じる方とに分かれます。

そうして環境が変わっていく中で自分はどうありたいのか、いつでも愛を選べるのか、いつでも自分を信じられるのか。

それともそれが条件付きになってしまうのか、つまり環境が悪くなってしまうと、自分を信じられなくなるのか、愛を信じられなくなるのか。

試されている時代だと考えていただくとわかりやすいかと思います。

 

この記事の内容は動画でもご覧いただけます。動画はこちら↓

スピリチュアルな人生相談「感染症が増えているスピリチュアル的理由を教えてください」

礒 一明 自己紹介

大勢の人生を変えてきた、スピリチュアルライフコーチ 礒 一明のプロフィール動画です。

スピリチュアル系メルマガ読者数日本一(6万人)のメルマガ、【人生最適化®のヒント】発行者。
人生の全ての出来事にはその人が一番幸せになる為のスピリチュアルな答えが隠されている、という考えのもと、全ての人に【最適な】人生を見つける人生最適化®のコンセプトを世界中の人に広めるミッションを日米で展開中。

メールマガジン登録受付中